人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメ

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により数種類の分類されており、患者さんの健康の具合などに応じて使い分けられます。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。
この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特質が異なります。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うありふれたケースのインプラント治療も当然、院内感染のリスクはゼロではありません。ですから、歯医者院を決めるときに感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、キーポイントの一つです。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯医者院も確実に増加していますので、そこで調べるのもいいでしょう。
治療を初める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は結構の費用を要することは確かです。場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、治療のごく一部しか保険適用にならないのが費用を押し上げる最大の原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれるとその数倍の出費もあることをくれぐれも忘れないで下さい。
差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着指せ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込向ことなので埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけて下さい。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯医者に診てもらって下さい。
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。
保険が聴けば治療をうける方の数も増えるかも知れません。
それでも保険適用外なのはインプラントを創り、あごの骨に埋め込もうとすると他の人工歯を使った治療に比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術と結構の手間がかかるためです。
土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込向ことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。
もしこの治療が保険適用だったら、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続くのです。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かも知れません。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察をうけましょう。
インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、それでオワリと思って油断するのは禁物です。
義歯を劣化指せず長持ち指せるのは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。
歯磨きにも正しい仕方があります。歯科で指導してもらえるはずですから、そのままのケアを心がけて下さい。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診をうけるようにして下さい。